BUZZPRESS

【2016年】この冬に一度は映画館で観ておきたいオススメの作品

【2016年】この冬に一度は映画館で観ておきたいオススメの作品

この冬ぜひとも見たい映画をご紹介します。超大作ものから人生の内で一度は見ておきたいもの、さらにはオカルトホラーまで数々の秀作そろいばかりです。

 

特に今年は近年まれに見る映画作品のあたり年、洋画、邦画問わず大当たりです。

 

ここに完結!壮大な物語が終焉をつげる。主演のジェニファー・ローレンスの演技は必見、ラストシーンはまさかの結末が待ち受けています。良い意味で最後は裏切ってくれます。

ハンガーゲーム final レボリューション

ご存知反政府軍の主人公と悪徳政府との戦い物語。

 

主人公カットニスの心の葛藤が魅力的な作品です。恋の三角関係にも終止符が打たれ、そして驚愕のラストへと向かって行きます。

 

最後のハンガーゲームへつき進んでいく場面では思わずキター!!って感じです。

ラスボスの政府大統領えんじるドナルド・サザーランドは安定感抜群の演技をみせてくれますし、ゲームメーカーを演じたフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作でもあります。はたしてハンガーゲームの勝者はいったい誰だったのだろうか?ぜひ劇場へあしを運んでみましょう。

海難1980

月のぼる国、トルコとの友情。心にじわじわと感動がわいてきて涙止まらなくなります。一番大事な事は人の真心だと教えてくれる作品です。

トルコ船の日本国、大島沖での座礁事故から始まる物語。船は無残にも大破してしまい、わずかな人々を助けるために大島の村人たちが無償の奉仕で懸命に救助活動を行いさらにはトルコ船員たちの心をも豊かにしていく物語です。

 

またトルコ船が壊れていくまでのシーンは圧巻で迫力満点に仕上がっており、使用されているセットもこった作りになっています。

 

後半戦はうって変わって現代においてイランでの日本人救出劇を描いた内容です。テヘラン空港を舞台とした演説シーンにはハンカチ1枚では全くたりなくなってしまいます。

超絶エンターテインメント、船密な設定と脚本、呪われたジャンルを打砕け!!

主人公は消え行く部族を救う為にペルー奥地のジャングルへ向かいます。

そこでは森林破壊をもくろむ企業の策略にはまり乗っていた飛行機は墜落、あげくの果てに人食い族に捕らえられるは同乗していた仲間には裏切られるはで散々な目にあってしまいます。

 

おまけに仲間は次々に食べられてしまうしみたいな、もう本当ぼろぼろになって行きます。

 

ただそんな状況のなかでも主人公の一本気な心情が丁寧に描かれてもいます。残念ながらあまりにも内容が過激なため、日本での上映期間が限られている作品でもあります。

まとめ

1本目はやっとシリーズが完結し、あらためて物語の長さと重さを感じました。とにかく主演のジェニファー・ローレンスにはお疲れさまと言いたいです。主要キャラはほぼ全員生き残っていますし、無理やり脇役殺して主人公を際立たせるといった手法でもありません。

2本目は本年度、邦画ナンバー1とも呼べる作品です。意外性もさながらあまり知られてはいない事実にただただ感動し心潤う事間違いなしです。

最後の3本目はこれまた意外性にぶっ飛びますが、この手の映画にしては非常に精細に出来ていておススメです。主人公がどのように生き延びて行くのかが見ものですね

 

「はずれなし!この冬に一度は映画館で観ておきたいオススメの作品」をまとめてご紹介させていただきました。ぜひ一度、映画館へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事にコメントを残す

Return Top