BUZZPRESS

結婚式の二次会でプレゼントを失礼なく渡す方法

結婚式の二次会でプレゼントを失礼なく渡す方法

友人や同僚の結婚式で、ご祝儀とは別にプレゼントを渡すと、きっと主役のふたりもよろこんでくれることでしょう。一般的には、事前にプレゼントを贈りますが、どうしても当日に渡したいのであれば、二次会で渡すのが自然です。

 

しかし、祝いの席である以上、守らなければならないマナーがありますので、今回はどうしても「結婚式の二次会でプレゼントを失礼なく渡す方法」についてご紹介します。

結婚式にふさわしいプレゼント選び

これから新しい生活をはじめる二人にとって、新生活でつかうものをプレゼントされると基本的にとてもよろこんでくれる事でしょう。

毎日の生活でつかう食器類やタオル類、新居を彩るインテリア雑貨などが定番のプレゼントです。

ご祝儀などでは「割り切れる数」を嫌いますが、プレゼントについては「2はペア」「8は末広がり」となります。ペアのワイングラスなどは定番のプレゼントともいえます。

 

あえて、ふたりの新しい門出にふさわしい高級品を贈ることもまた、よろこばれるプレゼントになります。結婚生活をはじめるにあたり、欲しいと思っていても高級品にはなかなか手が届かないことがありますが、質がいい高級品は長く使えるものが多く、結婚式の記念としてふさわしいプレゼントになることでしょう。

高価なプレゼントを贈る画期的な方法

予算の都合上、個人であまり高価なプレゼントを贈ることができないケースもあることでしょう。その場合は、友人などに声をかけ、グループでプレゼントを購入してもかまいません。

グループでプレゼントを贈る場合は、あらかじめメンバーで予算を相談しておいて、ある程度まとまった金額を集めることができれば、なかなか手が届かない家電などを思い切ってプレゼントすることもできます。

プレゼントされるモノはもちろん、多くの人から祝福されている気持ちを形として贈ってもらえるため、結婚するカップルはとても喜んでくれるはずです。

プレゼントを贈る前に、両人に相談する

結婚式に合わせてプレゼントする上で、避けておきたいポイントがあります。

ゲン担ぎの文化がある日本ならではですが、「割り切れる数字」や「切れる」とか「壊れる」とかの言葉を思い起こさせるプレゼントは避けましょう。

 

具体的なモノとしては、

  • ハサミ
  • ナイフ
  • 包丁
  • ガラス

などが当てはまります。

 

ただし、包丁については「未来を切り開く」という意味合いで、割れることもある食器については「幸せが増える」という意味合いで考える人もいます。上記のプレゼントしたいのであれば、事前に両人に相談しておくのが良いかと思います。

 

また、生活必需品などをプレゼントする場合に気を付けることとして、両人が新生活のために用意したモノと重複するものをプレゼントしないことです。やはり、あらかじめ両人にプレゼントしたいものを伝え、重複するようであればこちらから別のものを贈るように配慮することも大切です。

プレゼント購入費の相場は?

意外と注意を忘れがちなのが、プレゼントの相場です。一般的には友人であれば1~2万円、親族であれば2~3万円が相場です。

ご祝儀とプレゼントをどちらも贈る場合は、多少ご祝儀の金額を下げても問題ありません。ご祝儀とプレゼントの合計額があまり高くなりすぎると、プレゼントされる方に気を使わせてしまうこともあり、相場に合わせるのが無難でしょう。

プレゼントを渡す適切なタイミング

本来、プレゼントを渡す場合は、招待状をもらってから結婚式の1週間前までが適切なタイミングです。結婚式当日は、目の前でもらえることをうれしく思ってくれますが、荷物の扱いに困ることが少なくありません。

基本的には結婚式の前に、プレゼントを贈ることを第一に考えましょう。

 

プレゼントを渡す日は大安の日を選ぶようにします。直接会って渡す場合はもちろんですが、郵送や宅配便で送る場合も大安の日を指定します。

また、プレゼントをする相手が目上の方の場合ですが、挙式前の吉日の午前中に持参することが正式なプレゼントの方法です。相手の方に失礼がないようにしましょう。

結婚式の二次会でプレゼントを失礼なく渡す方法「まとめ」

どうしても結婚式の二次会でプレゼントを失礼なく渡す方法について、細かいところまで深く知るきっかけになったのではないでしょうか?

 

結婚式の二次会でプレゼントを失礼なく渡す方法をまとめると、

  • プレゼントを選ぶ場合:ペアのプレゼントが定番
  • 高級品を贈りたい場合:仲良しグループで贈る
  • プレゼントを贈る前には:両人にプレゼントが被ってないか確認する
  • プレゼントの相場:友人知人が1~2万で親族が2~3万円
  • プレゼントを渡すタイミング:招待状をもらってから結婚式の1週間前までの大安の日

結婚式の二次会でプレゼントを直接渡したい場合は、両人の荷物にならないような配慮する事が大切です。

この記事にコメントを残す

Return Top