BUZZPRESS

仮想現実を体感しながら冒険するテーマパークとは?

仮想現実を体感しながら冒険するテーマパークとは?

仮想現実を体感

最近では仮想現実を体感できる技術が進歩し、ますます身近になってきた。

2014年にはFacebookがヘッドセットメーカーのOculusを買収し、一般消費者向けのヘッドセット「Rift」がこの冬に発売される予定だ。

ヘッドセット「Rift」

また、Googleやサムスンまでもがスマートフォンで仮想世界に浸れるデバイスを提供している。

これらのデバイスはもしかするとリビングに仮想現実をもたらすかもしれないし、ボイドのクリエイターたちは、さらに大掛かりな仮想現実を準備している。

仮想現実ゲームセンターとは?

仮想現実のゲームセンター

ユタ州のプリーザント・グローブに仮想現実のゲームセンターを建設している。このプロジェクトは起業家の「Ken Bretschneider氏」が率いており、以前インターネットセキュリティ会社のDigiCertを立ち上げた人物でもある。

そこでは6~8人がグループがヘッドセットなどを装着して仮想現実の世界を一人34ドル支払うことで、60×60フィートからなるステージを動き回って20分間冒険することができる。

ボイド

『ボイド』の完成版は8月か9月まではオープンしない予定らしいが、すでにベータセンターが開設され、訪問客は10ドルを支払えば30×30フィートのステージを用意して6~7分の体験版を楽しむことができる。

エイリアンとバトル

待ち受ける巨大なクモやエイリアンと対峙しながら古代の寺院や薄汚れた未来的研究施設を歩きまわることとなる。

エイリアンとバトル

寺院にあるエレベーターに乗れば本当に移動しているかのように感じ、ひとたび地面に降り立てばジャングルにでも入ったかのように感じさせるために実際に霧が吹き付けられ、風を感じ、ジャングルの湿った空気すら感じられるのである。

さらに、『ボイド』では戦闘機にのってシューティングする仮想現実を体験できる施設も建設予定だとか。

もし実現すればテンションが上がりっぱなしの体験をすることが可能になりそうだ。いずれにせよ、ユタ州で『ボイド』が成功することが日本上陸のカギとなっている。

この記事にコメントを残す

TOPICS

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

女性にとって娯楽の場所であるホストクラブですが、実際はどんなところなんでしょうか?女性がなぜホストクラブに通い続けるのでしょう?今回は実話に基づいた「ホストが枕営業する女性の5つの特徴」をお届けいたします。
もっとTOPICSをみる
Return Top