BUZZPRESS

【衝撃】USBポートを挿すと数秒でPCを破壊する「USB Killer」が怖すぎる!

【衝撃】USBポートを挿すと数秒でPCを破壊する「USB Killer」が怖すぎる!

一般的なUSBメモリのような見た目で、PCのUSBポートに差し込むだけでPCを破壊してしまうデバイス「USB Killer」を実際に作動させて、わずか数秒えPCが起動不可能な状態に陥るという、恐るべきムービーが公開されました。

 

その驚愕の動画がこちら

こ、こわすぎる・・・

USB Killer

起動中のノートPCに「USB Killer」差し込むと

「ジジジジ…ポン!」

という音とともに数秒もしないうちに画面がブラックアウトしてしまいます。

 

その後「USB Killer」を抜いてみますが、ディスプレイに変化はなし。

電源ボタンをぽちぽちと押しても何も反応なし・・・w

 

電源コードを接続すると、充電ランプは光るもののボタンを押してもPCは起動不可能な状態となってしまいました。

「USB Killer」の構造は以下のようになっていて、カバーをつけた状態だと一般的なUSBメモリと見分けがつきません。

USB Killer-2

「USB Killer」開発者より一言

「USB Killer」はロシア在住の技術者であるDark Purple氏が開発したそうで、開発の経緯や内部構造は以下の記事を読むと分かりますが、極端にいうと

「PCのプロセッサを焼き切って破壊する」

という仕組みになっています。

 

この「USB Killer」は、PC以外にもUSBポートを備えている機械であればテレビやルーターなんかも破壊する事が出来るみたいです。

なお、Dark Purple氏によれば「USB Killerは持っておけば何かの役に立つかもしれないが、決して使うべきものではない」と言う意味で、「原子爆弾のようなもの」とだけ語っていました。

 

恐るべきPC破壊デバイス「USB Killer」。

本当に役に立つ日がくるのかは疑問は残りますが、このような恐ろしいデバイスが世の中にはある。という事だけは知っておいても良いのではないでしょうか?

いや~なんとも怖すぎるムービーですよね。

この記事にコメントを残す

Return Top