BUZZPRESS

訳あり物件を見分ける6つの方法~事故物件回避術~

訳あり物件を見分ける6つの方法~事故物件回避術~

「引っ越し先で、前に住んでた人が・・・」

など知ってからでは、もう手遅れですよね。

少なからず不安を解消するために、引っ越す前に知っておきたい訳あり物件の見分け方をご紹介します。

1.家賃が異常に安い

事故物件

2.物件欄に「告知事項あり」と表示されている

告知事項

不動産サイトなどで、稀に見かける「告知事項有」。

とても小さな字で書いてある場合もあるので見逃さないように。

3.部屋の一部分だけが何故か新品になっている

事故物件 リフォーム

自己物件には、部屋の一部分だけが新しくなっている場合があります。部屋は和なのに床だけフローリングになっている等は要チェック!

4.不動産屋にストレートに聞く

不動産屋

事故発生後、一度でも誰かが住んだ物件には事故物件だったことを伝える義務はないのですが、後々のトラブルの原因にもなりえるのでストレートに聞いたら教えてくれる親切な不動産屋もあるので必ず確認しておきましょう。

5.事故物件サイトで調べる

事故物件サイト

Googleなどで「事故物件 サイト」「住所 事件 事故」などで検索してから賃貸するとよいでしょう。

6.近隣住民に聞く

近隣住民

最終手段が近隣住民に聞く。これが100%確実に事故物件か判断できる方法です。

借りる予定物件の隣の住人に挨拶にいくふりをして「隣で何か事件はありましたか?」など聞くと確実。

 

事故物件検索サイト

大島てる

大島てる公式サイト

事故物件のあとに1ヶ月間住むバイトの存在

事故物件 バイト

賃貸マンションやアパートで、殺人事件や自殺などがあった心理的瑕疵物件(通称:事故物件)では、入居希望者に対して告知義務があるが事故のあと一度でも人が住めば次に借りる人には告知する必要はないという。

不動産業者は、告知義務を無くすために「自社の社員などが契約だけ行い次の入居者に告知しない」という事件が”多発”した為、現在ではその不動産マジックも通用しなくなってきている。

 

現在では、事故がおきてから数ヶ月入居した人がいても、更に次の入居者には事故物件であると告げないのは違法になる。

という判例もでている為、入居前に事故があったかの確認をすれば事故物件だという事はほぼ教えてもらえる可能性は高い。

事故物件の告知義務

事故物件 告知義務

残念なお知らせですが、事故発生から「どのくらい時間が経てば」「何人の入居者が入れば」などの告知義務には現在明確な決まりは存在していない。

訳あり物件の見分け方【やりすぎ都市伝説】

この記事にコメントを残す

TOPICS

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

女性にとって娯楽の場所であるホストクラブですが、実際はどんなところなんでしょうか?女性がなぜホストクラブに通い続けるのでしょう?今回は実話に基づいた「ホストが枕営業する女性の5つの特徴」をお届けいたします。
もっとTOPICSをみる
Return Top