BUZZPRESS

東京で一人暮らしを始める前に知っておきたい「東京23区の家賃相場」

東京で一人暮らしを始める前に知っておきたい「東京23区の家賃相場」

春を迎える時期になると、新社会人や進学が決まった学生さんの中には上京して一人暮らしを始める方も多いかと思います。しかし、

「地方に比べて東京の一人暮らしにはお金がかかりそう…」

というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?そこで、そんな方のために「東京23区の家賃相場」を調査してみました。

東京23区の家賃相場ランキング

東京で一人暮らしする場合は、基本的にワンルームもしくは1Kを借りる方が多いので、そちらに絞ってご紹介いたします。

東京23区の家賃相場(高い順)
1位港区12.03万円
2位千代田区11.07万円
3位中央区11.01万円
4位渋谷区10.75万円
5位目黒区9.98万円
6位台東区9.49万円
7位新宿区8.89万円
8位江東区8.83万円
9位品川区8.75万円
10位文京区8.70万円
11位墨田区8.40万円
12位世田谷区8.03万円
13位豊島区7.82万円
14位太田区7.74万円
15位中野区7.70万円
16位荒川区7.41万円
17位杉並区7.40万円
18位北区7.36万円
19位板橋区6.86万円
20位練馬区6.79万円
21位江戸川区6.63万円
22位足立区6.35万円
23位葛飾区6.01万円

引用:HOME’S

こちらのデータを見てもらえれば分かると思いますが、東京といってもピンキリで、一番高い家賃相場で「港区の12.03万円」で、一番安い家賃相場が「葛飾区の6.01万円」となっています。

このデータをみる限りでは、やはり地方都市と比べると家賃は高めですが、あくまで平均値なので、東京の中でも地域や築年数でもっと家賃の安い賃貸を見つけることも可能です。

何を目安に借りるべきか?

賃貸物件を借りる場合、「職場が近いから」「お気に入りのショップが近いから」などの理由で物件を借りる方が多いのですが、賃料が高くて節約生活を余技なくされるケースが後を絶ちません。

では「何を目安に借りるべきか?」という点ですが、ずばり手取り給与額に応じて賃料を決めるが正解です。

一般的には、「給与所得の3分の1までが賃料」であれば窮屈な生活水準にはならないと言われています。

  • 給与所得が20万円であれば、賃料は6万円
  • 給与所得が25万円であれば、賃料は7万5千円
  • 給与所得が30万円であれば、賃料は9万円

このように、手取りの給与所得の30%を目安に借りる物件の賃料を決めることで無理なく東京での生活をエンジョイすることができるでしょう。

極論でお伝えすると、手取りの給与額が20万円以下の場合は東京に住むべきでは無いといっても過言ではありません。

平均賃料の最低が「葛飾区の6.01万円」なので、それ以下の物件を借りるとなると、

  • お風呂がついていない
  • トイレが共同トイレ
  • 訳アリ物件

など、住み続けるのは難しい物件を借りざるをえなくなりそうです。

粘り強く探していたら「超激安のお宝物件」が見つかるかも知れませんが、「東京23区の家賃相場」を目安にして、自身の給与で無理なく支払える物件を探されるのが無難かと思います。

掘り出し物件を探すならこちら

この記事にコメントを残す

Return Top