BUZZPRESS

【保存版】ショップ店員が教える冬のストールの巻き方6選

【保存版】ショップ店員が教える冬のストールの巻き方6選

ちょっと寒いかな…今着ている服にストールをプラスするだけでオシャレさんに☆

ストールの巻き方ひとつで相手にイロイロな印象を与えることができます。

 

すぐに出来るものから応用編までご紹介しますので、その日の装いによって巻き方を変えてみては?

ショップ店員が教えるオススメのストール巻き方

ショルダードレープ

基本的な巻きかたで、暖かさはもちろん簡単ですぐに取り入れられますね。

ショルダードレープ
  1. ストールの一方を長めにして肩にかけます。
  2. 長いほうのはしを体を包むように反対側の肩にかけます。
  3. 少し動きづらくなるので、余裕をもって巻きつけます。

フロントノット

首元をとくに暖めて、寒さ予防に最適ですね。

フロントノット
  1. ストールを少し細めに折ったものを首からかけます。
  2. 少し余裕を持ちながら、左右の長さが同じくらいなるよう一巻きします。
  3. 前でひと結びしてバランスを整えます。

サイドノット

フロントノットの応用です。

サイドノット

結び目を真ん中からちょっと横にずらすだけ。

エレガントな雰囲気で、だいぶ印象が変わりますね!

アフガン巻き

ストールやスカーフなど素材を替えるだけで、ガラリと印象を変えて応用力があります。

アフガン巻き

男女ともに人気でカジュアルな巻き方です。

  1. ストールを三角形にします。
  2. 三角形が背中にくるように羽織り、両端を正面でしばります。
  3. 結び目が後にくるように前後させて形を整えます。

ひと結び

エレガントな印象なひと結びは、さっと羽織るだけで完成です。

ひと結び

パーティなどでも使えそうですね。

  1. ストールを首にかけます。
  2. お腹と胸の間くらいで日と結びします。
  3. 結び目を整えます。

ボリューム巻き

服装を選ばずに取り入れやすく、暖かさバツグンです。

ボリューム巻き
  1. 無造作にぐるっと首に一周させます。
  2. 垂れている部分を首に巻いた部分の下側からくぐらせ形を整える。

ベルトアレンジ

パンツスタイルはもちろんスカートやワンピース、どんな装いでもOK!

ベルトアレンジ

エレガントで大人な雰囲気を演出できます。

ベルトの間に両サイドを挟むだけ。

まとめ

ショップ店員が教えるオススメのストール巻き方はいかがでしたか?

寒い冬にストールは定番ですが、巻き方ひとつでここまで印象を変えることができるんですね☆

 

せっかく羽織るなら、プラスαして今日をエンジョイしましょう(^^)/

この記事にコメントを残す

Return Top