BUZZPRESS

結納の「顔合わせ食事会」を成功させるための5つのステップ

結納の「顔合わせ食事会」を成功させるための5つのステップ

結納とは、両家が親類として結びついたことを祝い、正式に婚約を整える儀式で、この日をもって、カップルは正式な婚約者となります。

古くからのしきたりに従い、女性の家で催したり結納品をとりかわしたりすることもありますが、最近では両家の「顔合わせ食事会」といった色合いが濃くなりました。

 

そこで、今回は結納とはどういったものなのか?結納を成功させる為にはどのようなことに気を付けたらいいか?などをご紹介します。

そもそも、結納はしたほうがいいの?

結納は、必ずしなければならないものではなく、するかしないかは自由です。

しかし、結婚はカップルだけでなく、両家がかかわることを忘れてはいけません。家によっては、「気持ちだけで十分…」といって、結納をしなくてもいいという考え方もあります。

昔ながらの形にこだわって、結納品を交わしたり、女性の家で結納を催したりと、厳粛に行うという考え方もあります。

 

最近、増えてきた形としては、

『両家が顔を合わせて食事会』

をして、親睦を深めるのが一般的な形式となっているようです。

 

顔合わせの食事会の中でちょっとした儀式を行ったり、記念品を交換したり、カップルとしては「これから結婚するんだ!」という意識が高まり、両家としてはこれからの付き合いを深める場として、結納をすることによってその後の関係がスムーズになることでしょう。

結納をするまでのステップ

まず、結納をするかどうかについて両家で相談して決めますが、結納だけをするのか?食事会だけをするのか?それとも両方するのか?など、あらかじめ決めておきたいところです。

結納をする場合、仲人の有無や結納のスタイル、結納品などの金品の準備、お金の負担なども決めます。

ここで意外とつまづきやすいのが、両家のしきたりの違いで、依然として「男性側に合わせるべき」という意見も根強いようですが、関東と関西などしきたりが大きく異なる場合、どちらの家に合わせるのかを事前に話し合いましょう。

 

結納や顔合わせ食事会をするまでの、基本的なステップは以下の流れになります。

  1. 日時、場所、結納をする場合は仲人の有無、どちらのしきたりに合わせるかを決める
  2. 顔合わせ食事会の場合は、費用分担を決める
  3. 結納をする場合は、結納品の数、家族所の交換、結納品について決める
  4. 婚約記念品を決め、結納をする場合は結納返しについて決める
  5. 顔合わせ食事会の場合は、料理のメニューを決める

結納の顔合わせ食事会で気を付けたいこと

結納や顔合わせ食事会を成功させるためには、どんなポイントに気を付けたらいいのでしょうか?気になる準備や心構えについて、いくつかご紹介します。

時期

挙式の3~6か月前の吉日を選びます。

結婚式の準備を並行して進めるのであれば、挙式の半年前をひとつの目安にするといいでしょう。

場所

料亭や個室のあるレストランが一般的です。

結納では、しきたりによっては女性の家で催すこともあり、結婚式の会場が決まっている場合は、下見を兼ねて会場のレストランをつかう場合もあります。

出席者

本人たちと両家の親が参加します。

祖父母や兄弟姉妹は、出席する必要はありませんが、もし本人たちと両家の親以外に出席者がある場合は、事前に相手に知らせておきましょう。また、両家で人数を合わせる必要はありません。

服装

結婚する男性はスーツ、女性は和服や華やかなワンピースなどの準礼服が一般的です。

親は男性がスーツ、女性は留袖などの和服または洋服になります。両家の服装が違い過ぎると気まずくなること多いため、事前に両家で服装を相談しておくといいでしょう。

進行役

結納の場合は仲人がいれば仲人が担当し、いなければ両家の父親が務めます。

会場に結納パックなどのサービスがあれば、会場のスタッフが進行してくれることがあります。顔あ合わせ食事会では、かしこまった進行役は必要ありませんが、両家の父親がはじめに挨拶をしてから始め、締めの挨拶も行います。

カジュアルな食事会であれば、新郎から両家の親を紹介することもあります。

結納が果たす役割

結納とは、カップルにとっては結婚への決意を新たにする場として、両家にとってはこれから始まる付き合いを深める場として、結納が果たす役割に気付いていただけたかと思います。

 

厳粛に結納をしない場合でも、顔合わせ食事会として両家の親睦を深めておくことで、これからの結婚生活を両家が温かく見守る礎になります。両親に感謝の気持ちを伝え、結婚への決意を伝える機会として、結婚の約束を公にする結納の「顔合わせ食事会」は必要不可欠なのではないでしょうか。

 

まだ結婚式場が決まっていない場合は、「ウエディングフォト診断」もできる総合ウェディングサロンが便利です。

ウェディングサロン公式サイト

この記事にコメントを残す

Return Top