BUZZPRESS

一人暮らしの費用平均と3つの節約術

一人暮らしの費用平均と3つの節約術

新しく引越しをされる方や、新社会人となり一人暮らしを始める方。新生活にワクワクとドキドキで胸を躍らせている事かと思います。

その一方で、一人暮らしを始める為にかかる費用は膨大なもので、懐(ふところ)具合を確認しては、別の意味でドキドキしてしまいそうです。

  • 一人暮らし費用がいくらかかるか?
  • 少しでも費用を節約できないか?

など、今回は一人暮らしを始める場合に役立つ節約術などをお届けしたいと思います。

一人暮らしの費用平均は?

地域にもよるとは思いますが、はじめて一人暮らしをされる場合、どれだけの費用がかかるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

以下データは、全国的な一人暮らしの費用平均を表したものなので、引っ越しを予定されている場合は参考にしてみてください。

一人暮らしの平均費用
家賃66000円
食費20000円
光熱費7000円
水道費3000円
通信費11000円
日用品・医療費3000円
その他10000円
計(月平均)120000円

その他の多くは、交際費に充てられてことが多いようですね。

引っ越しの初期費用については、

  • 家具家電
  • 消耗品
  • 敷金礼金
  • 引っ越し業者への支払い

などを含めると、50万円前後は一人暮らしを始める場合には用意しておきたいところです。

引っ越しにかかる敷金・礼金・賃料などは例年下がり続けているといっても50万円ほどの準備はしておいたほうが良さそうです。

ですが、50万円を貯めると言っても並大抵のことではありません。この引越し資金が用意できずに一人暮らしを始められない方も多いかと思います。そこで、一人暮らしを始めるにあたり費用を安く抑える方法があるので、「3つの節約術」としてご紹介いたします。

3つの節約術「家具一式編」

敷金礼金以外で一番お金のかかるものと言えば、なんと言っても「家具」です。新品を買えばいくら安いものでも、全てそろえれば10万円以上はかかってしまいます。

そんな出費の大きい「家具」で節約する方法は2つあります。

【家具節約その1】家族や友人の使っていない家具があれば譲ってもらう

家族や友人の方に是非、使っていない家具がないか聞いてみてください。

  • 一人暮らしをしていたが今は実家に住んでいる
  • 結婚して使っていない家具がある

など、以外に眠っているお宝家具があるかもしれません。恥ずかしがらずに真剣に相談してみると、色々と使っていない家具を譲ってもらえるかもしれませんよ。

【家具節約その2】リサイクルショップ&100均で全て揃える

最近ではリサイクルショップや、100均などは全国各地に店舗があるので家具一式を、リサイクルショップ&100均で揃えるというのもかなり節約になります。

リサイクルショップといえど、最近では「新品のような中古品」が格安で手に入ることも多く、100均では小物家具や調味料なども豊富に取り揃えていることから、一人暮らしを始めるために必要なものは、この2つで全て用意できるのでは?といったほど豊富に揃っています。

3つの節約術「引越し編」

一人暮らしの初期費用で多くかかってしまうのが「引越し業者さんへの支払い」です。「時期」「移動距離」「荷物の量」などで引越し業者さんへの支払いは変動しますが、おおよそ4万円~10万円ほどが相場となります。

これを1円でも安くする方法は、友人かご家族に引越しを手伝ってもらうのが最安値です。

  1. 軽トラックを借りる(12時間で約7000円前後)
  2. 友人知人に手伝ってもらう(食事代や日当など1人5000円前後の謝礼)
  3. 引越し完了

一人暮らしの引越しであれば、20000円前後あれば引越し業者さんに頼まなくても引越しは可能です。

この方法が難しい場合は、引越し業者同士で相見積もりをして割引合戦をしてもらいましょう。同時に3社ほどの引越し業者さんで価格を比べてみるのが良いでしょう。

最安値の「引越し業者」比較・ご検討はこちら

3つの節約術「インターネット&携帯電話編」

最後に「毎月かかる費用を1円でも安く」という事でインタネット&携帯電話編をお伝えしたいと思います。

最近では、携帯電話料金を下げる傾向にありますが、下がっているのは通話料金だけでインターネット接続は年々上昇傾向にあります。

つまり携帯電話各社は通話料を下げて、通信料で元を取ろうとしている事になります。ここで一つ裏ワザを伝授。

  1. 携帯電話会社のインターネット使い放題(6Gまで)などの通信規制のある契約を解約(通話料金も最安値のプランを選択)
  2. 自宅に光回線を申し込み「Wi-Fi」環境を用意する(公共のWi-Fiが多い会社と契約)
  3. 通話は無料アプリのみを使用。インターネット通信は自宅かWi-Fi環境がある場所で使用

これで、毎月5千円~1万円の携帯料金を節約することができます。引越し先にインターネット使い放題の環境があれば完璧です。

「最大60,000円のキャッシュバック付き」お得なインターネット接続はこちら

お金のかかることばかりで不安…。と言う方も多いとは思いますが、賢く使えるものはしっかり使って節約していきましょう!

この記事にコメントを残す

TOPICS

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

女性にとって娯楽の場所であるホストクラブですが、実際はどんなところなんでしょうか?女性がなぜホストクラブに通い続けるのでしょう?今回は実話に基づいた「ホストが枕営業する女性の5つの特徴」をお届けいたします。
もっとTOPICSをみる
Return Top