BUZZPRESS

ゴールデンウィークの「昭和の日」が「みどりの日」に変わった由来と歴史

ゴールデンウィークの「昭和の日」が「みどりの日」に変わった由来と歴史

ゴールデンウィーク前半の4月29日といえば「昭和の日」ですね。とくに昭和生まれの方には、長く「天皇誕生日」として親しまれてきた祝日です。

現在は「昭和の日」として知られる4月29日が祝日だということを知っていても、その名前が変わってきたことはご存知でしょうか?もしかしたら「みどりの日」として認識されている方もいらっしゃることでしょう。

 

今回は、そんなゴールデンウィーク初日「昭和の日」が「みどりの日」から変わった由来と歴史をご紹介します。

昭和天皇の誕生日として祝日だった4月29日

今上天皇の誕生日は年末の12月23日で、この日は天皇誕生日として祝日と設定されています。しかし、その前の昭和天皇の時代では4月29日が天皇誕生日として祝日となっていました。

昭和は64年まで続き、もしかしたら4月29日といえば「天皇誕生日」として認識していた方も少なくないのではないでしょうか。

 

昭和64年1月7日、昭和天皇が崩御されました。それに伴い、今上天皇が即位することにより、これまで4月29日だった天皇誕生日は、12月23日に変わる事となります。

 

天皇誕生日として親しまれてきた4月29日は、祝日たるアイデンティティを失う事となりました。

ゴールデンウィーク初日としての4月29日を「みどりの日」へ

今上天皇の即位により天皇誕生日ではなくなった4月29日ですが、ながく祝日として親しまれたことによる弊害が生まれそうだったのです。その弊害というのが、5月の大型連休に連なる祝日の初日として、国民の生活に何らかの影響が出るのではないかという事が懸念されました。

 

このような経緯があり、天皇誕生日ではないものの、祝日として4月29日を存続させる話の流れとなります。

「では、どのような祝日にしたらいいのか?」

そのネーミングが具体的に検討され始めます。

 

昭和天皇は、生物学者として自然をこよなく愛した人物でした。長く昭和天皇の誕生日として親しまれた日ですから、やはり昭和天皇にちなんだネーミングにしようということになります。

そんな経緯から、昭和天皇と自然を連想させる「みどりの日」というネーミングに決まったのです。

昭和への想いを忘れないために、2007年「昭和の日」と改める

しばらくは「みどりの日」として親しまれた4月29日ですが、2007年に「昭和の日」として生まれ変わります。

昭和という時代は、日本史上に例をみない激動の時代でした。戦争へと突き進み、日中戦争から太平洋戦争に連なる激戦に敗れ、そこから復興してバブル景気と呼ばれる好景気を経験してきました。

 

この激動の時代を忘れずに顧みて、将来への想いをつなぐために「昭和の日」というネーミングに変更されたのです。

 

しかし、未だに「昭和の日」には賛否両論があります。なぜなら「昭和」という時代に対して、どうしても戦争を連想してしまい、胸中が複雑になる人が少なくないからです。

旧日本軍から侵略を受けたと主張する中国や韓国などの国民感情もあり、必ずしも肯定的に「昭和の日」を受け入れられないという意見があります。

 

その為、他の祝日と比べて積極的にお祝いする雰囲気が醸成されにくいのではないかと考えられます。

 

一方で、戦争などの過去の過ちを含めて、「昭和の日」から激動の時代を振り返ることもまた重要です。現在、議論が活発化している現行の憲法も戦後に作られたことから、ある意味では昭和を象徴する一つということになることでしょう。

このように私たちの生活の中には、今も確かに「昭和」が根付いており、良いことも悪いことも含めてその経験を後世に語り継いでいくことは「昭和の日」を肯定的に考える人にとっても、否定的に考える人にとっても重要だと言えるのではないでしょうか?

激動の時代を振り返ってみる

一般的には、ゴールデンウィーク初日という印象が強い4月29日は、まるで昭和の時代を映したかのように、そのネーミングには激しい議論の経緯があります。

ちなみに、4月29日が「昭和の日」となることによって、それまで使われていた「みどりの日」はどうなってしまったのかというお話しですが、これまで「国民の祝日」として親しまれてきた5月4日が、今は「みどりの日」として名前を改められています。

 

2016年度は、最大10連休となるゴールデンウィークですが、その初日として「昭和の日」があります。

 

久しぶりの大型連休にワクワクしている方も多いと思いますが、1日くらいは「昭和の日」にちなんで、激動の時代を振り返ってみるのも良いのではないでしょうか。

この記事にコメントを残す

Return Top