BUZZPRESS

Googleストリートビューで映画「インディ・ジョーンズ」を体験しよう!

Googleストリートビューで映画「インディ・ジョーンズ」を体験しよう!

ペトラ遺跡はヨルダンにある世界遺産で、ヨルダン西部の渓谷地帯にある50以上の史跡群からできている修道院や円形劇場、列柱と凱旋門などローマ風の建築物で、岸壁から削りだされて造られていることが特徴的。

なかでもエル・カズネ(宝物殿)は、あの有名映画「インディ・ジョーンズ」やゲーム「トゥームレイダー」シリーズなど数多くの作品の舞台となっていることで有名な場所です。

 

そんな人気を誇る世界遺産だけに、Googleストリートビューに対応し、全天球カメラで撮影して回った画像を、360度、まるで現実にその場所にいるかのように景色を眺めて類似体験することができるという情報をキャッチしたので実際に体験してみました。

Googleストリートビューでインディ・ジョーンズを体験

Googleストリートビュー「インディ・ジョーンズ」を体験してみる

この世界遺産であるペトラ遺跡を、中東の美人王妃として名高いラーニア・アル=アブドゥッラー妃がみずから案内してくれました。

ペトラ遺跡へはどうやっていくの?

ヨルダンのバス会社最大手「JETT社」が提供するペトラ遺跡観光ツアーは、毎日朝6:30に出発→10:00頃ペトラ着、帰りは17:00頃ペトラ発→20:30頃アンマン着の往復バスで約2600円(2013年3月現在)で行くことができます。

ペトラ遺跡の入場料は、2013年3月時点で約6500円となかなか高額です。 しかも今後も入場料を上げていく予定だそうで、世界でもトップレベルの高額な入場料が必要な遺跡のひとであることは間違いなさそうですね。

「最安値」で海外旅行の検索・予約をするならこちら

 

ペトラ遺跡は広大なので1日で全てを見て回るのは不可能で、公開されているのはペトラ遺跡全体の1%ぐらいに過ぎないのです。

多くの観光客がペトラ遺跡を訪れる際、ほとんど東側のシーク(岩の裂け目)からアプローチすることになり、ところによっては100メートルもの高さがある渓谷を抜けていきます。

ペトラ遺跡「シーク」

シークを抜けると「宝物殿エル・カズネ」が見えてきます。50メートル以上もの高さがある弾劾から削りだされたという話で、一体何のために作られたかはわかっていませんが、図書館や墓という一説もあります。

ペトラ遺跡「宝物殿エル・カズネ」

宝物殿の奥には不老不死の聖杯があり、罠が張り巡らせた迷宮がある…なんてウソの噂があるほどで、実は三面に小さな石室の掘られた部屋になっているだけのようで、現在は特別な許可がなければ入ることはできません。

周囲の岩からたくさんの反射の光を受ける夕暮れ時にはバラ色に染まり、何とも神秘的な美しい姿へと変わるのです。

ペトラ遺跡「円形劇場」

岸壁から削り出し8,000席もあったという巨大円形劇場。ローマ帝国時代の遺跡にはよく見られるものです。当時の人々にとっては劇や見世物がいかに貴重な娯楽であったかのかをうかがわせます。

円形といっても。ペトラ遺跡の円形劇場は岩壁にそうようにつくられているので、実際は半円形となっていて、33段の階段席から構成されています。

 

これらは遺跡の中でもほんの一部ですが、最近では中東情勢が非常に不安定で現地を訪れることは難しいため、ぺトラ遺跡を訪れるツアーを中止にする代理店が多いので、Googleスリートビューが公開されたのは嬉しいの一言ですね。

この記事にコメントを残す

TOPICS

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

女性にとって娯楽の場所であるホストクラブですが、実際はどんなところなんでしょうか?女性がなぜホストクラブに通い続けるのでしょう?今回は実話に基づいた「ホストが枕営業する女性の5つの特徴」をお届けいたします。
もっとTOPICSをみる
Return Top