BUZZPRESS

【都市伝説】ドラえもん~もう一つの最終回~

【都市伝説】ドラえもん~もう一つの最終回~

「ドラえもん」には最終回が存在している。という都市伝説は有名な話だ。 まずは、あの有名な『のび太の植物人間説』の話 のび太がストーリー中によく眠っているのは、植物状態で眠り続けている事を連想している。

のび太 睡眠

そして、のび太が入院している病室には「ドラえもんのぬいぐるみ」が置かれていたのだ。

ドラえもんぬいぐるみ

この都市伝説は、『のび太が交通事故で植物人間になってしまい、ドラえもんとはのび太の夢の中で存在している架空の存在』として1990年代に出回った有名な都市伝説である。  

しかし、実はドラえもんには「もう一つの最終回」が存在していた。

ドラえもん~もう一つの最終回~

ある日、突然ドラえもんが動かなくなってしまった。 それを心配したのび太は、妹のドラミちゃんをタイムマシンで呼びに行き、ドラえもんの状態を調べてもらう。 すると、ドラえもんの電池が切れていることが分かった。

ドラえもん 壊れた

だが、電池を交換すると、今までの全ての記憶が消去されてしまうらしい。

のび太は、ドラえもんの設計者に修理を依頼しようと思ったが、その設計者は公開されておらず、修理は不可能だった。

 

悩みに悩んだ末に、のび太はドラミちゃんに

「ドラえもんをそのままにしてほしい」

と言った。

 

ドラミちゃんは、それを承諾して未来へと帰っていった。

その日からのび太は変わった。

あれほど嫌いで苦手としていた勉強に、猛烈に打ち込み始めたのだ。あっという間に、成績が伸び、中学・高校・大学といずれも自分の力だけでトップクラスの学校に入学する。

のび太 入学

さらには海外留学して、ついには一流に大企業に就職するまでになった。

就職した後も、のび太は最新技術を吸収し続け、気が付けば世界でも一目置かれる”超一流”の技術者となっていた。

のび太 技術者

その後、しずかちゃんと結婚して幸せなのび太だったが、長年考えていた『ある計画』を実行に移すのだった。

のび太は、自分の研究室の机の前に立っていた。

そして、その机の上には、あの時のままのドラえもんの姿があった。

 

なんと、のび太は自分の力だけでドラえもんを修復したのだ!

 

おそるおそる、ゆっくりと電源を入れるのび太。

完全に電源が入ったとき、そこにはいつもの明るい表情でのび太を見るドラえもんがいた。  

「のび太くん。宿題は済んだのかい?」

【都市伝説】ドラえもん~もう一つの最終回~

もう一つの最終話では、ドラえもんの設計者はのび太だったのだ!

ドラえもんには「謎の回」が存在している

ドラえもん~もう一つの最終回~はいかがでしたか?

これはあくまでも「都市伝説」として語られているドラえもんの裏話だが、ドラえもんには実際に放送された「謎の回」というものが存在している。

それを最後にお届けしようと思う。

 

のび太が「地下世界の商店街へ行きたい」と言い出すところから物語が始まる。

ドラえもんが、いつものように四次元ポケットから道具をだして、地下にある商店街へ行くことになった。

 

そこには、現実世界とは全く違う場所があり、意味不明な言葉を話す通行人がいたり、開店しているか怪しいお店があったりと、いつもとは違った雰囲気だった。

最終的に、大きな地球のミニチュアみたいな場所に案内され、そこでミニチュアが突然割れてしまう。

 

その中から、なんと!大量の血があふれ出して、驚いたドラえもんと、のび太が抱き合うというストーリーで話は終わる。

なんとも謎が多いストーリーだ。

この記事にコメントを残す

TOPICS

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

女性にとって娯楽の場所であるホストクラブですが、実際はどんなところなんでしょうか?女性がなぜホストクラブに通い続けるのでしょう?今回は実話に基づいた「ホストが枕営業する女性の5つの特徴」をお届けいたします。
もっとTOPICSをみる
Return Top