BUZZPRESS

【マナー白書】人には聞きずらいご祝儀の「金額&選び方&書き方」

結婚式に参加することが決まると、ご祝儀としていくら包むのかが気になりますよね?

大切なのは「贈る気持ち」に変わりありませんが、実際のところ相場はいくらくらいなのでしょうか。ご祝儀の金額には、新郎新婦との関係、式場の格式や自身の地位や年齢、地域性や習わしなどがかかわってきます。

一般的な結婚式のご祝儀の目安

一般的にはご祝儀を包む側の年齢によって、その金額が変わってきます。

  • 20代であれば2~3万円
  • 30代であれば3万円
  • 40代であれば3~5万円

新郎新婦との関係にもよりますが、会社の同僚や部下、友人などであればこの金額になります。

会社の上司や取引先関係から結婚式に招待された場合

「会社の上司」や「取引先関係者」から結婚式に招待された場合は、

  • 20~30代であれば3万円
  • 40代であれば5万円以上

いとこなどの親戚関係の結婚式

「いとこ」や親戚関係者から結婚式に招待された場合は、

  • 20代であれば2~3万円
  • 30代であれば3~5万円
  • 40代であれば5~10万円

結婚式で贈るご祝儀の金額は、割り切れない奇数を基本として贈りましょう。

 

最近では、2万円は「夫婦」や「ペア」として考えることが広まり、2万円を包むことも珍しくなくなりました。とはいえ、偶数であることを気にする新郎新婦も少なからずいることから、もし2万円で包む場合は、1万円札を1枚、5千円札を2枚としてお札の数を奇数とするといいでしょう。

結婚式に夫婦で出席する場合

夫婦で結婚式にお呼ばれされた時は、2人分をまとめて贈ることになります。1人当たり2万円もしくは3万円と考えると、

  • 2人分で4万円~6万円

となりますが、奇数であることが好ましいため間を取って『5万円』を包みます。気持ちとしては7万円以上包みたいけれども、経済的に難しいという場合は、5万円のご祝儀に加えて1万円相当の贈り物をお渡しすることもいいでしょう。

ご祝儀を贈るときのマナー

ご祝儀を贈るときのマナーには、どのようなものがあるのでしょうか?

まず、ご祝儀に入れるお札ですが「新しい門出をお祝いする」意味を込めて、新札を用意しておきましょう。

新札を手に入れる場合は、銀行などに出向いて両替をしていただきます。

ご祝儀袋のマナー

ご祝儀袋は、水引が一度結んだらほどけない「結びきり」のものを選びましょう。また、意外と見落としがちですが、中に入れる金額が大きくなるほど、ご主義袋も華やかなものを選ぶのが良いです。

また、ご祝儀袋のパッケージなどに、そのご祝儀袋を使用する際の金額の相場が載っているものもあります。

ご祝儀袋の裏書きマナー

ご祝儀袋の表書きは、お祝い事なので濃い墨で書きます。筆記具は、毛筆でも筆ペンでも構いません。「寿」や「御結婚御祝」「御祝」などの表書きに続き、その下に差出人のお名前を表書きより、すこし小さい文字でフルネームを記入します。

ご祝儀の金額を書く時のマナー

ご祝儀の金額は、中袋の中央に漢数字で記入します。後日、新郎新婦がご祝儀の確認をしやすいように左下から郵便番号、住所と氏名を記入しておきます。

ちなみに金額を書く場合は、数字ではなく漢字を使用するのが一般的です。

ご祝儀袋の漢数字の書き方
1万円壱萬円
2万円弐萬円
3万円参萬円
5万円伍萬円
10万円壱拾萬円

ご祝儀を渡すまえに・・・

ご祝儀を渡す前に、赤または紫の袱紗に包みます。

受付台では、袱紗に包んだご祝儀袋を取り出してから、袱紗をたたみ、たたんだ袱紗の上にご祝儀袋を置き、受付の方に向かって両手で渡しましょう。

ご祝儀を渡した後は、忘れずに袱紗をバッグなどにしまいます。

結婚式を欠席する場合のご祝儀

やむを得ない事情などがあり、結婚式に参加することができない場合に贈るご祝儀の目安は、出席する場合の半分から3分の1をを包みます。新郎新婦と親しい間柄であれば、現金ではなくお祝いの品物をプレゼントすることも選択肢になります。

 

あらかじめ新郎新婦に相談して、ふたりの新生活に必要なものなどを「結婚式当日の一週間前までの大安吉日」に贈るようにしましょう。また、マナーとして祝電などでお祝いの気持ちを伝えることも大切です。電報を贈る場合は、あらかじめ会場や日程を確認し、前日までに送ると確実です。

なかなか人には聞けないご祝儀のマナー

新郎新婦の新しい人生の門出をお祝いする気持ちを伝えるには、しっかりとマナーを守ってご祝儀を贈るようにすると好印象をもっていただけるはずです。

結婚式では何かとゲンを担ぐことが少なくなく、ご祝儀の金額でも「割り切れない奇数」であることが大切で、「夫婦」や「ペア」を意味する2万円を包む場合でも、お札の数を奇数にするなどの心配りがあると尚良いかと思います。

この記事にコメントを残す

Return Top