BUZZPRESS

キャンプで魅せる男の時短料理とは?

キャンプで魅せる男の時短料理とは?

楽しいキャンプの裏側では、持ち物の準備や当日のテント設営などの準備で思ったより時間をとられる上に、キャンプ場自体は市街から離れているため車での長距離移動が必要です。

そんなクタクタな状態となったキャンプ初心者さんには、なるべく手間のかからない料理がキャンプには最適なので、今回は「キャンプにもってこい!”男”の時短料理」をご紹介いたします。

とにかく作業が簡単!鶏すき鍋

作業はいたって簡単で具材を切って、鍋の中に投入しグツグツ煮えるのを待つだけの”男鍋”!しっかり煮込んでいただきましょう。

【材料(3人前)】

  • 鶏もも肉(250g)
  • 木綿豆腐(1.5丁)
  • 長ねぎ(1本)
  • 白玉麩(10こ)
  • 水(100ml)
  • 麺つゆ(200ml)
  • 砂糖(大さじ2杯)

お好みによって肉や魚を入れて、栄養満点な鍋にしても良さそうですね♪

【使用する鍋】

家庭用の鍋は取っ手やつまみがついているため、持ち運びには非常に不便なところがあるります。鍋料理をする場合は「キャンプ専用の鍋」を使用しましょう。

朝食にもってこい!「ホットサンド」

キャンプ翌日の朝は、前日の遊び疲れなどが少し残っていることが多いので、エネルギーをチャージできる料理としてホットサンドがオススメです♪

ホットサンドは専用のトースターが必要ですが、パンの中に具材を挟めば完成のお手軽料理で、野菜やお肉などバランスのよい栄養を取ることができます。

【材料例(☆オススメの組み合わせ)】

  • ハム+チーズ+キャベツ
  • ツナ+マヨネーズ
  • ベーコン+スクランブルエッグ
  • ☆BLTサンド(ベーコン+目玉焼き+チーズ+レタス+トマト)
  • ☆鮭サンド(鮭フレーク+チーズ+玉ねぎ)

【使用するトースター】

使用するホットサンドのトースターは、直火でも使用できるタイプのトースターを用意するとどのような料理にも使えるので便利です。

意外と簡単!食後には欠かせないアウトドアデザート「スモア」

デザートは時間と手間がかかるものというイメージはありますが、「スモア」であればバーベキューの終わりに、炭火でマシュマロを火であぶりクラッカーではさめば、アメリカンスイーツ「スモア」をつくる事ができます。

板チョコなどを挟むと”とろける”食感を楽しむ事ができるので試してみる価値は大いにあります。

【材料】

  • クラッカー
  • マシュマロ
  • 板チョコ

【使用する器具】

マシュマロを焼くための棒(小枝、割りばし、串など)

料理の時短ができれば仲間や家族との団らんの時間が有効に使えるので、当日のキャンプの献立作りに是非活用しみてください。

この記事にコメントを残す

TOPICS

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

女性にとって娯楽の場所であるホストクラブですが、実際はどんなところなんでしょうか?女性がなぜホストクラブに通い続けるのでしょう?今回は実話に基づいた「ホストが枕営業する女性の5つの特徴」をお届けいたします。
もっとTOPICSをみる
Return Top