BUZZPRESS

キャンプビギナーのための持ち物チェックリスト

キャンプビギナーのための持ち物チェックリスト

キャンプに行こうと決めたのはいいけれど、『そもそもキャンプって何を持っていけばいいの?』と悩む方は多いのではないでしょうか?慣れている方ならまだしも初心者であればなおさらです。

楽しいキャンプを成功させるためには、何よりも準備が大切です。

そこで今回は、キャンプで用意するべき持ち物を以下3つに分けてチェックリストをご用意いたしました。こちらを参考に当日の準備に役立ててください。

「リビング」で必要な持ち物をチェック

まずキャンプで欠かせないものがテントやテーブル・イスなどのリビング用品です。用意するべきものとして以下のものが挙げられます。

  • テント一式
  • テーブルとイス(人数分)
  • ブルーシート(地面の上の敷物として)
  • 寝具(シュラフ)、マット、毛布など
  • ランタン、懐中電灯
  • タープ一式

テントで代表的なものとして、ドーム型とロッジ型があります。

ドーム型テント

ドーム型は比較的初心者でも簡単に設営できますが、スペースがとれないのがデメリットです。

ロッジ型テント

ロッジ型は広々としたスペースを確保できる反面持ち運びが不便であり、場所によってはスペースが取れないところもあるので、確認が必要です。

テーブルやいすは収納のことも考えて、折り畳み式を選択するほうが持ち運びなどに便利です。場所によってはレンタルも可能なので相談してみるものよいかもしれません。

ランタンや懐中電灯は、持っていく前に燃料や電源を確認しておきましょう。

「料理」で必要な持ち物をチェック

キャンプでの楽しみはやはり大自然の中でのバーベキューですね。気の合う仲間との団欒や楽しい家族の思い出づくりになることでしょう。

用意するべきものとしては以下のものが挙げられます。

  • バーベキューコンロ、カセットコンロ、バーナー、ガスバーナー
  • 炭、着火剤、チャッカマン、ホワイトガソリン、軍手
  • 炭用のトング、食材とりわけ用トング、バーベキュー用の網、うちわ
  • 食器や割り箸
  • 調理用道具(包丁、まな板、ピーラー・キッチンバサミ)
  • たわし、スポンジ、洗剤、
  • ごみ袋、ティッシュ、キッチンペーパー
  • 各種調味料(マヨネーズ、焼き肉のたれ)
  • 飲み物(ビール、ジュース類)
  • クーラーボックス(食材や飲み物の保管)
  • 食材類

料理をする際の燃料については、様々ですがカセットタイプのバーナーが一番お手軽です。何かあった際にもスーパーなどで簡単に入手することができます。

調理道具や食器類については、100均で入手することができるので、経費削減には効果的です。食材は現地で調達することが多いでしょうから、事前に近くのスーパーを探してみておくとよいでしょう。

「その他」あったら便利な持ち物チェック

その他必需品としては、主として衣類などが挙げられますが、当日の天候や季節に合わせて持ち物チェックしてみましょう。

用意するべきものとして、以下のものが挙げられます。

  • 着替え(寒さが気になる場合は上着など)
  • 保険証、薬、絆創膏
  • 洗面用具、歯磨きセット
  • 雨具・傘
  • 蚊取り線香、虫よけスプレー

万一体調不良やケガなどをした場合、医者にかかれるよう保険証や各種薬などを携帯しておくことも必要かと考えます。

キャンプ用品はレンタルでOK

「リビング関連・料理関連・その他」やあったら便利なものとして分けて考えて行えば、スムーズにキャンプの準備をすることができます。

これらをメモ帳などに「準備するもの」として、リスト化しておき、出発する前に事前にチェックすれば「あっ!〇〇がない!」といった失敗を防ぐことができるでしょう。

またキャンプ用品などは、年に1回あるかないかなのでレンタルする事をお勧めいたします。

⇒ キャンプ用品をレンタルするならDMMがオススメ

キャンプのモットーは備えあれば憂いなし!何があっても問題ないように入念に準備をしてからキャンプを楽しみましょう♪

この記事にコメントを残す

Return Top