BUZZPRESS

新郎新婦が”笑い泣く”インパクトのあるスピーチの作り方

新郎新婦が”笑い泣く”インパクトのあるスピーチの作り方

結婚式で「友人代表のスピーチ」を依頼されたとき、気合が入ると同時に何をスピーチしたらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか?

友人として、長い付き合いの中で面白いエピソードがたくさんあったとしても、それを新郎新婦へのお祝いの気持ちや今後の生活への応援につなげられるかは、スピーチの構成に大きく左右されます。

 

今回は、「新郎新婦が”笑い泣く”インパクトのあるスピーチの作り方」をご紹介いたします。

一般的な「スピーチ構成」

「”笑い泣く”インパクトのあるスピーチ」をお伝えする前に、まずは一般的なスピーチの構成をご覧ください。

何を話したらいいかわからない人は、スピーチの構成がわかっていないことが多いので、このスピーチ構成に沿ってつくるだけで思った以上のスピーチを作ることができます。

  1. 冒頭に新郎新婦へのお祝いの言葉を述べる
  2. 簡単な自己紹介する(新郎または新婦との結びつきを一言入れる)
  3. 友人代表として、新郎新婦との笑えるエピソードを述べる
  4. 新郎新婦との感動するエピソードを述べる
  5. 結びの言葉で挨拶を終える

友人代表でスピーチする時間は、あまり長くなりすぎないことを意識して3~5分程度になるように構成しましょう。

エピソードで新郎新婦の魅力を

”笑い泣く”インパクトのあるスピーチを考える上で大切なのは、やはり友人ならではのエピソードです。小学生時代の失敗談や、林間学校でのキャンプファイヤー、また初恋の話でもインパクトのあるスピーチ構成にする事ができます。

 

具体的なエピソードを話す前に、まずは自分と新郎または新婦がどのようにして出会い、仲良くなっていったかについて一言添えましょう。

  • 身近にいた友人だからこそ知っているおもしろ情報を中心に考える(失敗談を中心に笑いをとる)
  • 新郎または新婦のどういうところが魅力なのかを表現する(〇〇には勿体ない等)
  • 今回の結婚について、友人としての想いを述べる(こんな〇〇だったコイツが…等)
  • 友人として結婚を祝福する(心から祝福していることを伝える)
  • 今後の結婚生活への期待を述べる(最後はまじめに)
  • 結びの言葉で挨拶を終える(締めにオチがあると◎)

インパクトのあるアイデアをひねり出す方法

そもそも、なぜ新郎新婦は、あなたを友人代表としてスピーチしてほしいと思ったのかを考えてみましょう。

この部分に「重大なヒント」が隠されています。

 

幼い頃から親友として身近にいたからかもしれませんし、恋のキューピットとしてふたりの出会いに関係していたからかもしれません。

 

つまり、新郎新婦にとってあなたは結婚を迎えるまでに欠かすことのできないキーパーソンだったなのではないでしょうか?

『新郎新婦があなたを選んだと思われる理由こそ、スピーチに盛り込むと感動を呼ぶエピソード』

となり、これこそ新郎新婦が”笑い泣く”インパクトのあるスピーチの作り方です。

 

但し、いくら仲の良い友人と言えど「親しき中にも礼儀あり」という言葉もあるように、お祝い席でのスピーチですから、いくら面白いエピソードだからといって、新郎新婦が困惑するような話や悪いところを伝えるような話は避けましょう。

 

是非あなたのスピーチで、新郎新婦やゲストが笑い、同時に泣けるようなインパクトのあるスピーチに挑戦していただけると嬉しく思います♪

この記事にコメントを残す

TOPICS

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

女性にとって娯楽の場所であるホストクラブですが、実際はどんなところなんでしょうか?女性がなぜホストクラブに通い続けるのでしょう?今回は実話に基づいた「ホストが枕営業する女性の5つの特徴」をお届けいたします。
もっとTOPICSをみる
Return Top