BUZZPRESS

女性側に尋ねてはいけない?結納金の相場とは

女性側に尋ねてはいけない?結納金の相場とは

男性側から「御帯料」や「小袖料」と書かれた金封に包んで女性側に贈る結納金ですが、一般的な相場は50~100万円ですが、元々は男性側から女性側に「結婚の準備」のために贈っていた結納金の相場は「西高東低」といわれています。

決まった金額はありませんが、具体的にはどのように金額を決めたらいいのか?また、女性側に尋ねてもいいものなのか?今回は、誰にも聞けない結納金の相場についてご紹介します。

結納金の相場は50~100万円、男性側が決める

結納金の一般的な相場は、50~100万円です。100万円はキリのいい数字として、また50万円や70万円は割り切れない数字として一般的です。また、80万円は縁起よく末広がりの印象があります。実際に結納金の額を決める場合は、その家や本人の実力を考慮し、それに見合った額を男性側で決めましょう。

他には恋愛結婚なのか見合い結婚なのか、地域差や親戚関係を考慮します。

ここでタブーとなることは結納金の額を決める際に、女性側に「いくらご用意しますか?」と確認することです。あくまで結納金の額は、男性側のみで決めましょう。

 

ちなみに結納金は新札で渡すのがマナーです。金額によっては、当日に銀行にお願いしても用意できないケースがあるので、あらかじめ一週間前には銀行に相談し、予約をしておくと確実に用意できるでしょう。

 

お相手が金額を確認しやすいように、銀行の帯封をつけたまま贈ってもかまいません。

結納金以外にも現金の結納品がある

結納金は一般的に、「御帯料」や「小袖料」を指しますが、ほかにも「家内喜多留(酒料)」や「松魚料(肴料)」といった現金を包む結納品があります。

これらはまとめて「酒肴料」として一枚で包むケースもあります。

「酒肴料」の相場は、結納金の10%です。結納金が100万円であれば酒料、肴料それぞれ5万円が一般的です。また、酒肴料を5万円とする場合、酒料が3万円、肴料が2万円とするケースが一般的です。

 

本来は、男性側が酒や肴を現物として持ち込み、結納式後の宴席の祝い膳とした習わしが現金に変わったものです。この労を女性側が労い、自宅でもてなしたことから、宴席の費用は女性側が負担するのが一般的でした。

 

現在ではほとんどの場合、結納のあとには食事会をしますが、女性側の自宅で行うケースは少なく、料亭やレストランなどで行うケースが増えたため、女性側がすべてを負担するのではなく、両家が折半するという方法もあります。

とはいっても、「酒肴料」を包んだ方がスマートで丁寧な印象を与えることでしょう。

女性側は結納返しと接待費用の準備

男性側から贈られる結納金に対して、女性側は結納返しを行います。たとえば、関東地方では半返し(半額を返す)が主流ですが、地域によっては3割だったり1割だったり、お返しそのものがない地域もあります。

また、女性側は結納式での接待費用を準備しておきましょう。

女性の自宅で結納を行う場合、部屋の準備に加え、祝い膳の費用を負担します。料亭やレストランなどの会場で行う場合は、女性側が負担することが一般的ですが、男性側が一部を折半することもあります。ヘアメイクや和装の着付け等にかかる費用は、それぞれが各自で負担します。

 

仲人さんへの費用は、男性側と女性側がそれぞれ用意します。お車代は、それぞれが片道分程度を用意しておくといいでしょう。

両家の親睦を深めるのが結納の目的

結納金の相場について、一般的な知識はもちろん、新たに気が付いたこともあったのではないでしょうか?

古くは男性側から女性側に結婚の準備をしてもらうための結納金ですが、現在の相場は50~100万円が主流です。さらに、結納金とわけて、酒肴料として結納金の10%を贈ります。これに対して、女性側は結納返しをします。また、男性側の労をねぎらい、もてなす意味で接待費用を負担するのが良いですね。

 

地域によってはしきたりが異なるため、結納を行うことが決まったら、両家のしきたりについて事前に確認しておくといいでしょう。ただし、男性側から女性側に対して、結納金をいくらにするかを尋ねてはいけません。

 

これから始まる結婚生活に向けて、決意を新たに両家の親睦を深める結納ですから、失礼のないように相場に会った結納金を用意しましょう。

この記事にコメントを残す

Return Top