BUZZPRESS

赤ちゃんのしゃっくりを止める3つの方法

赤ちゃんのしゃっくりを止める3つの方法

赤ちゃんのしゃっくりって間隔が早くて、ずっと止まらない・・・苦しそうだけど本当に大丈夫なのか・・・。

いざ目の前でそのような事態に陥ると心配になりますよね。

 

そんな時のために、赤ちゃんのしゃっくりを止める5つの方法をご紹介いたします。

1・しゃっくりを止める方法「うつぶせにする」

生後1年以上になる場合は、うつぶせにすると、首を持ち上げるのに一生懸命になりしゃっくりは止まりやすくなります。

2・しゃっくりを止める方法「オムツを替える」

しゃくりの原因は低温である事が多くあるため、オムツが濡れている場合は新しいのに替えてあげる事でしゃっくりは止まりやすくなります。

3・しゃっくりを止める方法「げっぷをさせる」

肩に赤ちゃんの顔をのせるような形でだっこして、背中をトントンしてげっぷをさせてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんのしゃっくりは実はそんなに苦しいわけではないそうです。

赤ちゃんがしゃっくりをする原因は大きく分けて2つあり、

  • 1つ目がミルクを急に飲むことなどによる胃や食堂の動きによる刺激
  • 2つ目がおむつが濡れるなどによる体温の低下

これらによって横隔膜が刺激されて痙攣が起こります。

横隔膜 痙攣

それが赤ちゃんのしゃっくりの原因である事が大半なのですが、赤ちゃんのしゃっくりはとても苦しく見えてしまいがちですが、実は思うほど苦しくはないとの事です。

 

この他にも「ぬるめの白湯やミルクなどを飲ませる」や「体を温める」などで大抵のしゃっくりは収まるそうです。

いざ、赤ちゃんがしゃっくりして、あたふたしない為にも覚えておきたい知識ですね。

この記事にコメントを残す

Return Top