BUZZPRESS

カメラがとらえた決定的瞬間!飛行機事故の映像集がリアルすぎる

カメラがとらえた決定的瞬間!飛行機事故の映像集がリアルすぎる

この動画は飛行機カメラや車載カメラ、空港などから撮影された映像ですが、実際に飛行機が墜落する瞬間を見てしまうと、飛行機に乗るのが怖くなってしまいますよね。

そこで、飛行機事故に関するデータをまとめてみました。

出典:wanyaq

飛行機事故の確率

英航空安全財団の調べによると、2013年までの過去10年間に「全世界」で起きた航空機事故による死者数は年平均にすると676人との事で、世界人口を70億人とすると10万人当たりの死者数は年0.00097人となった。(つまり飛行機に乗って死亡事故が起きる可能性は0.0009%未満)

ですが、これは飛行機に乗っていない人も含まれている為、信憑性に欠けるデータですよね。

 

そこで航空アナリストの杉浦一機氏は、別の角度から事故を起こす確率をデータとしてまとめています。

  • 「国際航空運送協会がジェット旅客機が事故を起こす確率を発表しており、2013年の数字は100万便につき0.41回でした。」
  • 「仮に、週1回1往復(2回搭乗)した場合、つまり年104回乗る人でも事故に遭う確率は3900年に1回という途方もない確率です。」

長距離移動の場合は、車よりはるかに飛行機の方が安全だという結果を発表しました。

 

しかし、この「国際航空運送協会がジェット旅客機が事故を起こす確率を発表」とある100万便につき0.41回という数字は、はたして海外旅客機も含まれているのでしょうか?

もし、このデータが国際航空のジェット旅客機のデータを元に試算したのであれば3900年に1回というのは国際旅客機の場合のデータである可能性もあります。

 

万が一、飛行機事故に遭遇した時の対策として「生存率がもっとも高い座席位置」というデータもあったので目を通しておいてもらえたらと思います。

飛行機事故で生存確率が高い座席位置のデータ

この調査結果を発表したのが「Popular Mechanics」で、記事内には飛行機の後方座席(翼より後ろ)が最も生存確率が高いと解析しています。

詳しくはこちら

⇒ popularmechanics.com

 

まあ車で事故を起こす確率よりも、飛行機事故の確率の方が遥かに低いんでしょうけどね(;・∀・)

ではでは!どちらで旅行される場合でも事故にはお気を付けください!

この記事にコメントを残す

Return Top