BUZZPRESS

大人のマナーとして必ず押さえておきたい結婚報告の方法

大人のマナーとして必ず押さえておきたい結婚報告の方法

社会人として、大人のマナーとして、周りの人たちへの結婚報告は直接します。もちろん、タイミングや方法には気を付ける点がいくつもあります。正しく結婚報告をすることによって、これからの結婚生活で周囲の理解や協力も、気分よく周りから得られることでしょう。

今回は、大人のマナーとして必ず押さえておきたい結婚報告の方法について紹介します。

職場への結婚報告は「タイミングと順番」

社会人として職場への結婚報告を行う上で気を付けるポイントは「タイミングと順番」です。結婚は、当の本人があまり意識していなくても、少なからず職場に影響を与えるものです。

親から結婚への承諾を得たら、職場への結婚報告を考えます。一般的には、結婚式の半年前までに直属の上司から結婚報告をします。

 

その後、上司が報告することもありますが、お世話になっている上司に結婚を報告し、職場の先輩や同僚、さらには部下の順番で報告していきます。業務の引継ぎや休暇の申請に関係することもあるため、早めの報告を心がけましょう。

 

結婚報告の内容は、挙式に招待する予定であれば挙式の日時を伝えてから招待状をお届けする旨を報告します。招待しないのであれば「結婚式は身内のみで簡単に済ませることにします」などと報告するのがいいでしょう。

 

扶養家族手当や住宅手当などの福利厚生関係、その他公的書類の手続きなど、入籍に伴って会社を通して行う手続きがあります。

 

また、結婚に伴って名字が変わる場合、新姓をつかうか旧姓をつかうかを上司と相談しましょう。これらの手続きやルールは、職場によって状況が異なる場合があるため、あらかじめ社員規則などを確認しておきましょう。

友人や知人には「同時に報告」が好ましい

友人や知人には、結婚式の3~6か月前に結婚報告をします。もし、仲がいい友人グループなどがあって、集まる機会があれば、そこで同時に報告してもかまいません。きっと場も盛り上がることでしょう。

 

友人や知人への結婚報告で気を付けたいことは、結婚報告のタイミングがあまりにもズレすぎないことです。

 

グループで集まっているときに同時に結婚報告できればベストですが、遠方だったり、多忙だったりして直接会って結婚報告をするのが難しい友人でも、他の友人とできるだけ同じタイミングで結婚報告をするように心がけましょう。

親戚には「親から伝えてもらう」

親戚への結婚報告は、両親から伝えてもらうことケースが少なくありません。特に遠方の親戚や日ごろ付き合いの少ない親戚に対しては、両親を通じて報告してもらいましょう。

 

タイミングとしては、結婚式に招待するかどうかにもかかわってくるため、結婚式の3~6か月前には結婚報告をします。仲の良い親戚であれば、直接自分から連絡を取り、結婚報告をしてもかまいません。

今後の親戚づきあいを考えると、両親からの報告と同時に自分からも結婚報告をすると、快く結婚生活に協力してくれることでしょう。

大人のマナーとして土台をしっかりと築いておく

大人のマナーとして必ず押さえておきたい結婚報告の方法について、思わぬ発見があったのではないでしょうか?

社会人である以上、結婚が決まったら職場への結婚報告をします。メンツを立てる意味でも、必ず直属の上司から報告をすると、結婚後の仕事も円滑に進められることでしょう。

 

友人や知人にはできるだけ同時に結婚報告をします。タイミングで差をつけないように、離れていても報告のタイミングに気を付けましょう。

 

親戚は両親から報告してもらうのが一般的ですが、大人のマナーとして、自分から連絡が取れる親戚には直接報告すると好まれます。結婚生活は、周囲の理解や協力があってこそ成り立つものです。

まずはマナーある結婚報告をして、周囲の理解や協力を得られる土台をしっかりと築いておきましょう。

この記事にコメントを残す

TOPICS

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

ホストが枕営業する女性の5つの特徴

女性にとって娯楽の場所であるホストクラブですが、実際はどんなところなんでしょうか?女性がなぜホストクラブに通い続けるのでしょう?今回は実話に基づいた「ホストが枕営業する女性の5つの特徴」をお届けいたします。
もっとTOPICSをみる
Return Top